スイングデータと映像でプレーを磨く! スマートテニスセンサーブログ - ソニー

スペシャルドリル、スマートテニスセンサーの活用法など最新情報を随時掲載していきます!

スマートテニスセンサーのデータを活用したフォアハンド(ショートクロス)の上達方法!

スマートテニスセンサーを活用したフォアハンドショートクロス上達方法

テニス上達方法、今回はフォアハンドショートクロス!

 前回に引き続き、今回のブログではフォアハンドを上達するための「スマートテニスセンサーの上手な使い方」をご紹介します!今回はフォアハンドのショートクロスです。

今回も実技指導と撮影にはGODAI テニスカレッジのプロコーチにご協力いただいております。また右利きの場合になりますので左利きの方は逆をイメージして読み進めてください。

フォアハンド(ショートクロス)の悩みどころ

 スピンをたくさんかけてしっかり狙ってるつもりがただ浅いボールになってしまったり、逆に狙う時に力を入れ過ぎてしまうためにサイドアウトしてしまったり、みなさんもそういう体験あるのではないでしょうか。

テニスセンサーを使ったフォアハンド上達法 フォアのショートクロス!

 フォアのショートクロスは、スピンをかけて浅く打つことを意識するとただの浅いボールになってしまいがち。感覚をデータとしてとらえて練習していきましょう。

 

スマートテニスセンサーで見る目安となるフォアのショートクロスのデータ

 目安となるフォアのショートクロスのデータは以下のようですが、みなさんのデータはいかがでしょうか。

  ボール回転(スピン):+8.5
  スイング速度    :100km/h
  ボール速度     :80km/h

 ショートクロスを打った時の自分のデータとのギャップをまずは把握しましょう!

スマートテニスセンサーを使ったフォアハンド(ショートクロス)上達法 身体の使い方

 リストを柔らかく使うこと、巻き込むこと、この2点を意識して通常に比べて距離を短くすることができます。その時に見るべきデータでは、スピンをあげて、スイング速度は落とさない、そしてボール速度を遅くすること。それを目標に練習してみてください。

【スマートテニスセンサー】フォアのショートクロス~相手を追い込むショートクロス~

フォアのショートクロスの身体の使い方として意識してほしいのは以下の3点です。
 1.リストを立てる

 2.テイクバックを身体の近くに引いて、反動をつけて振り抜く

 3.リストを使った後フィニッシュを巻き込む

イラストで見るフォアのショートクロスのポイント!

フォアのショートクロスのポイント

フォアのショートクロスのポイント1!

相手のストロークでサイドに振られた時に、

フォアのショートクロスのポイント2!

回転の多いクロスへのボールを打つこと、次に大きく角度をつけて相手のプレーヤーを外に追い出してオープンコートを作ること、最後にセンターを攻める流れがポイントです。やはり前衛につかまるとセンターに攻められてしまうので気をつけましょう。

テニス上達への道 スマートテニスセンサーのデータを活用して目標とのギャップを把握しましょう!

 フォアのショートクロスは上手に使いたいと思うもののネットにかけてしまったりと簡単に打つことができない方も多いショットです。ポイントは理解しているけれど、自分が打ったボールのどこが違うのか把握することは難しかったですね。課題がわかれば練習精度はあがってきますので。ぜひスマートテニスセンサーで自分の状態を把握して、フォアのショートクロスを得意なショットにしていってください!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。スマートテニスセンサーを使った「フォアのパッシング」もご紹介する予定です!お楽しみに!

 

[01]フォアハンドトップスピンのスペシャルドリル大好評公開中!

まずは自分の状態をチェックする準備編から

【フォアハンドトップスピン準備編】まずはスマートテニスセンサーで自分の状態をチェックしよう 

次は効率良いフォームを習得!

【フォアハンドトップスピン解説編】効率良いフォームを手に入れる! 

[ドリル タイプ1:腕だけでテイクバックしてしまう!] 

【フォアハンドトップスピン上達実践編1】腕だけでテイクバックしてしまう!~準備でひねりが生まれていない~ 

ドリルタイプ2:スムーズなスイングができない!]

【フォアハンドトップスピン上達実践編2】スムーズなスイングができない!~振り抜けない~

[ドリル タイプ3:ボールが来るとリズムが崩れてしまう!]

【フォアハンドトップスピン上達実践編3】ボールが来るとリズムが崩れてしまう!

[ドリル タイプ4:ボールに力がうまく伝わらない!]

【フォアハンドトップスピン上達実践編4】ボールに力がうまく伝わらない!

 

スマートテニスセンサー 購入はこちらから

tennis365オンラインショップ テニス365

テニスショップラフィノ 楽天店 テニスショップラフィノ

ウィンザーラケットショップ オンラインショップ ウィンザーラケットショップ

テニスショップアド 楽天店 テニスショップアド

テニスKPI テニスKPI

 

[02] 両手バックトップスピンのスペシャルドリル大好評公開中!

まずは自分の状態をチェックする準備編から

【両手バックハンドトップスピン準備編】まずはスマートテニスセンサーで自分の状態をチェックしよう

次は効率良いフォームを習得!

【両手バックハンドトップスピン解説編】スムーズな両腕の動きを手に入れる!

[ドリル タイプ1:両腕の使い方、クロスオーバーターンがよくわからない!]

【両手バックハンドトップスピン上達実践編1】両腕の使い方、クロスオーバーターンがよくわからない!

[ドリル タイプ2:「テイクバック、もっとひねって!」と言われるけど、うまくできない!]

【両手バックハンドトップスピン上達実践編2】「テイクバック、もっとひねって!」と言われるけど、うまくできない!

[ドリル タイプ3:窮屈なフォームでフォロースルーが十分に取れない!]

【両手バックハンドトップスピン上達実践編3】窮屈なフォームでフォロースルーが十分に取れない!

[ドリル タイプ4:フォームは良いけど、パワーが出ない。。]

【両手バックハンドトップスピン上達実践編4】フォームは良いけど、パワーが出ない。。

 

[03] 片手バックハンドトップスピンのスペシャルドリル大好評公開中!

まずは自分の状態をチェックする準備編から

【片手バックハンドトップスピン準備編】まずはスマートテニスセンサーで自分の状態をチェックしよう

次は効率良いフォームを習得!

【片手バックハンドトップスピン解説編】かっこいいフォームを手に入れる!

[ドリル タイプ1:前に傾いてボールを当てに行ってしまう!]

【片手バックハンドトップスピン上達実践編1】前に傾いてボールを当てに行ってしまう! 

[ドリル タイプ2:手打ちで力強いボールが打てない!]

【片手バックハンドトップスピン上達実践編2】手打ちで力強いボールが打てない! 

[ドリル タイプ3:スピードボールが来ると体重が後ろに残って打ってしまう!]

【片手バックハンドトップスピン上達実践編3】速いボールが来ると体重が後ろに残って打ってしまう! 

[ドリル タイプ4:打ちに行くときに体が開いてしまう!]

【片手バックハンドトップスピン上達実践編4】打ちに行くときに体が開いてしまう 

 

[04]サーブのスペシャルドリルこちらも読まれています

まずは自分の状態をチェックする準備編から

【サーブ準備編】スマートテニスセンサーを使って「サーブの基礎」をマスターしよう! 

次は美しいサーブのフォームを習得!

【サーブ解説編】流れるような美しいサーブのフォームを手に入れよう! 

[ドリル タイプ1:トスアップとテイクバックのリズムがおかしい!] 

【サーブ上達実践編1】サーブの基本リズムをマスターしよう! 

[ドリル タイプ2:身体が真上に向かって伸び上がる前に上体を倒して打ちにいってしまう!] 

【サーブ上達実践編2】トロフィーポジションからインパクトへ向かって振り出しのタイミングを身につけよう! 

[ドリル タイプ3:正しい肩の使い方ができていない] 

【サーブ上達実践編3】サーブの「正しい肩の使い方」をマスターしよう! 

[ドリル タイプ4:トスアップが安定せず、トロフィーポジションまでに崩れてしまう!] 

【サーブ上達実践編4】スムーズなトスアップとテイクバックのタイミングをつかもう! 

[ドリル タイプ5:レッグドライブが弱く打点が低くくなってしまう!] 

【サーブ上達実践編5】高い打点から打ち下ろすパワーのあるサーブを手に入れよう! 

[ドリル タイプ6:スタンスが正しくないためにボールに力を伝わらない!] 

【サーブ上達実践編6】スタンスのルールを再確認!サーブに磨きをかけよう! 

 
Smart Tennis Sensor

スマートテニスセンサー

SSE-TN1S

グリップエンドに装着するセンサー

この小さなセンサー内にショットを記録

主な仕様

STS

アプリケーション

Smart Tennis Sensor

ショットを解析し、テニスのログを作成・表示

インパクト位置、ボールの回転、速度、スイングスピード、トータルショット数などを数値化し成果を最大化

対応機器情報

表示できるデータ