読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スイングデータと映像でプレーを磨く! スマートテニスセンサーブログ - ソニー

スペシャルドリル、スマートテニスセンサーの活用法など最新情報を随時掲載していきます!

【フォアハンドトップスピンデータ編】トップジュニア、一般プレーヤーが目指す数値はこれだ!| スマートテニスセンサースペシャルドリル

ドリル フォアハンド上達方法

スマートテニスセンサーでデータを計測

スマートテニスセンサーがあれば数値で目標値を知ることができる!

日々の練習でフォームを改善したり、狙いたい場所に打つ練習をされていると思います。この時、どれくらいの速度でどれくらいのスピンで打てているか意識されていますか?

スマートテニスセンサーを使えば、スイング速度、ボール速度、ボール回転を測ることができます、そちらはスペシャルドリルの中でもいくつかご紹介してきました。

今回は、プレーヤーのみなさんが「フォアハンドトップスピンで目標とする数値」を見つけるための参考データをまとめてみましたのでご紹介します。

 

テニストップジュニアの選手たちが目指すべき数値・データはこれだ!

世界のTOPジュニアを見てきた中山コーチに目標となる数値を教えていただきましたのでご紹介します。

【フォアハンドトップスピン(ラリーの中でしっかりと打ち込めている時)の目標とする平均値】

フォアハンドトップスピン(ラリーの中でしっかりと打ち込めている時)の目標とする平均値

もちろん、フラット系で攻めるとき、スピンを強くかけてペースを変える時で数値は変わってきますが、試合の中のラリーで世界のトップジュニアはこれくらいの数値を出しています。

 

私たちテニス一般プレーヤーはどの数値・データを目指す?

ジュニアの世界のTOPクラスが目指す数値ですが、私たち一般プレーヤーはどこを目指せば良いでしょうか?

 

〇競技志向の方
試合に出て勝利を追究しているプレーヤーの方は、上記ジュニアの「16歳以下」の数値を参考に力強いショットを目指していってください。

 

〇週一回のスクールなど、定期的な練習の場で良いショットを打ちたい方
特に試合での勝利よりも、スクールや仲間との練習の中で良いプレーをしたい方は、年代やプレースタイルによっても数値が変わってきますので、まずはスマートテニスセンサーでご自身のベストショット時の数値を確認してください。
ジュニアの数値を目指して練習するよりは、その数値を球出し練習だけではなく、フォーメーション練習やゲームの中でも"安定して"出せることを目標に練習してみてください。
スマートテニスセンサーはその場で計測するだけでなく、センサー内にデータを記録して後でスマホでデータを振り返るという使い方ができます。また過去のデータをすべて蓄積することができるので、継続して安定した数値で打てているかを確認することもできます。

 

〇初級者や初心者の方
速いボールを打つ!前にラケットの真ん中でとらえる!この2点を意識してみてください。
スマートテニスセンサーではラケットのどの位置に当たっているかを計測することができます。練習の後にどのショットがラケットのどのあたりに当たっているかを確認すれば、苦手なショットがデータでわかったり、意外と苦手だと思ってても真ん中に当たってることがわかり自信につながる方も多いようです!

 

スマートテニスセンサーで計測された大量のデータを解析し、新しい知見がないかを日々研究しています。ウォーミングアップや試合のデータなどすべて含まれたデータではありますが、各ショットについて全世界の平均値をこちらで紹介していますので、参考にしてみてください。また、以前のブログで日本のプレーヤーの皆様については年代別で分析してみましたのでそちらも合わせてご覧ください。

 

スマートテニスセンサーでわかった日本のテニスプレイヤーの年代別ショットデータ(ストローク)を初公開!

テニストッププロ選手の驚愕のスマートテニスセンサーのデータがこちら!

スマートテニスセンサーで計測した国内外のトッププロの選手のデータを改めてみてみましょう。

まずは、添田豪選手のデータ。

素朴な疑問。トッププロがスマートテニスセンサーを使ったらどう感じるのか?添田豪プロの場合 - スマートテニスセンサーブログ - ソニー

 

まず、注目としてトッププロはスイング速度よりもボール速度が高くなってきます。これはきちんとパワーを伝えられている証拠です。

クルム伊達公子選手のデータはこちらのブログで紹介されています。

lineblog.me

 

このように、数値で見れば自分がボールに力を伝えられているか、効率の良いフォームができているのかが一目でチェックできるのです。

 

いかがでしたか?ご自身のデータをチェックして、目標となる数値を出せている方は、今後も高度な練習の中や試合の中でも同じような数値を出せるかなどを試していってください。

思ったような数値が出ていないという皆さんは、これまでご紹介したドリル編をご覧になれば、きっと改善のヒントが見つかるはずです!
当てはまるドリルをチェックしてテニス上達を目指してくださいね!

 

[01]フォアハンドトップスピンのスペシャルドリル大好評公開中!

まずは自分の状態をチェックする準備編から

【フォアハンドトップスピン準備編】まずはスマートテニスセンサーで自分の状態をチェックしよう  

次は効率良いフォームを習得!

【フォアハンドトップスピン解説編】効率良いフォームを手に入れる! 

[ドリル タイプ1:腕だけでテイクバックしてしまう!] 

【フォアハンドトップスピン上達実践編1】腕だけでテイクバックしてしまう!~準備でひねりが生まれていない~ 

[ドリル タイプ2:スムーズなスイングができない!]

【フォアハンドトップスピン上達実践編2】スムーズなスイングができない!~振り抜けない~ 

[ドリル タイプ3:ボールが来るとリズムが崩れてしまう!]

【フォアハンドトップスピン上達実践編3】ボールが来るとリズムが崩れてしまう! 

[ドリル タイプ4:ボールに力がうまく伝わらない!]

【フォアハンドトップスピン上達実践編4】ボールに力がうまく伝わらない!

 

[02] 両手バックトップスピンのスペシャルドリル大好評公開中!

まずは自分の状態をチェックする準備編から

【両手バックハンドトップスピン準備編】まずはスマートテニスセンサーで自分の状態をチェックしよう  

次は効率良いフォームを習得!

【両手バックハンドトップスピン解説編】スムーズな両腕の動きを手に入れる!

[ドリル タイプ1:両腕の使い方、クロスオーバーターンがよくわからない!]

【両手バックハンドトップスピン上達実践編1】両腕の使い方、クロスオーバーターンがよくわからない!

[ドリル タイプ2:「テイクバック、もっとひねって!」と言われるけど、うまくできない!]

【両手バックハンドトップスピン上達実践編2】「テイクバック、もっとひねって!」と言われるけど、うまくできない!

[ドリル タイプ3:窮屈なフォームでフォロースルーが十分に取れない!]

【両手バックハンドトップスピン上達実践編3】窮屈なフォームでフォロースルーが十分に取れない!

[ドリル タイプ4:フォームは良いけど、パワーが出ない。。]

【両手バックハンドトップスピン上達実践編4】フォームは良いけど、パワーが出ない。。

 

[03] 片手バックハンドトップスピンのスペシャルドリル大好評公開中!

まずは自分の状態をチェックする準備編から

【片手バックハンドトップスピン準備編】まずはスマートテニスセンサーで自分の状態をチェックしよう

次は効率良いフォームを習得!

【片手バックハンドトップスピン解説編】かっこいいフォームを手に入れる!

[ドリル タイプ1:前に傾いてボールを当てに行ってしまう!] 

【片手バックハンドトップスピン上達実践編1】前に傾いてボールを当てに行ってしまう! 

[ドリルタイプ2:手打ちで力強いボールが打てない!]

【片手バックハンドトップスピン上達実践編2】手打ちで力強いボールが打てない! 

[ドリル タイプ3:スピードボールが来ると体重が後ろに残って打ってしまう!]

【片手バックハンドトップスピン上達実践編3】速いボールが来ると体重が後ろに残って打ってしまう! 

[ドリル タイプ4:打ちに行くときに体が開いてしまう!]

【片手バックハンドトップスピン上達実践編4】打ちに行くときに体が開いてしまう

 
Smart Tennis Sensor

スマートテニスセンサー

SSE-TN1S

グリップエンドに装着するセンサー

この小さなセンサー内にショットを記録

主な仕様

STS

アプリケーション

Smart Tennis Sensor

ショットを解析し、テニスのログを作成・表示

インパクト位置、ボールの回転、速度、スイングスピード、トータルショット数などを数値化し成果を最大化

対応機器情報

表示できるデータ