スイングデータと映像でプレーを磨く! スマートテニスセンサーブログ - ソニー

スペシャルドリル、スマートテニスセンサーの活用法など最新情報を随時掲載していきます!

【片手バックハンドトップスピン解説編】かっこいいフォームを手に入れる!| スマートテニスセンサースペシャルドリル

スペシャルドリル片手バックハンドトップスピン効率良いかっこいいフォームを身につけよう

片手のバックハンドのポイントは「十分な上半身のひねり」と「思い切った振り抜き」!

前回の準備編【スペシャルドリル!片手バックハンドトップスピン準備編】でご紹介したように、まずはスマートテニスセンサーで自分の状態をチェックし、ご自身のフォームとデータのチェックをお願いします。
片手のバックハンド、かっこいいフォームで打てるのは誰もが憧れるショットの一つですよね!
片手バックハンドは「体のひねりと思い切った振り抜きがポイント」となってきます。

 

今回は

良いフォームの仕組みを理解する(チェックポイントをしっかり理解する)パートになります。

片手バックハンドトップスピン 良いフォームの仕組みを理解する(チェックポイントをしっかり理解する)

それでは、ご自身の映像やデータを見ながら、片手バックハンドトップスピンのチェックポイントを見ていきましょう。

  

片手バックハンドのポイントは3つ
①正しいレディポジションから「相手に背中を見せる」ぐらい十分にひねられたテイクバック
②ラケットの落下を利用し、一気にフリスビーのように加速させて振り抜く
③ラケットの降り出していくタイミングと下半身の体重移動の仕方とその連動


これまでドリルを見て来られた方ならイメージしやすい内容だと思います。

片手バックハンドのポイント1! こんなにひねって良いの?くらい十分に上半身をひねろう!

十分にひねっているつもりでも周囲から見るとそこまでひねられていないことが多いのですが、スマートテニスセンサーでご自身の映像を見られた方ならご理解いただけるはずです。

ですので、ここでは上半身をひねる時に「可動域の出やすい」つまり「無理なくひねりやすい」方法をお伝えします。

[チェックポイント1]

片手バックハンドトップスピンチェックポイント1無理なくひねりやすい方法

[point 1-1] レディポジションで、姿勢や腕・手首のポジションがニュートラルかを確認。(左利きの方はこの時点ではフォアハンドグリップですね)

[point 1-2] 肘と手首のポジションはほぼ変えずにグリップチェンジをしながら、右肩を下げるようにしてひねっていく。

[point 1-3] テイクバック完了時では、身体の【く】の字、前足のかかと接地、ラケットがレディポジションの時のまま自然に立っている。

[point 1-4] そして何より両手打ちと違うのは、相手に背中を向けるくらいひねる角度が大きいこと。

片手バックハンドのポイント2! 十分なひねりから、インパクトへ向かって一気に振り出そう!

ひねった上半身を、インパクト時のバランスをイメージしながら、インパクトへ向けて一気に横向きの状態まで戻して行こう!

[チェックポイント2]

片手バックハンドトップスピンチェックポイント2インパクトへ向けて横向きの状態へ

[point 2-1] トップからラケットの重さで落下する勢いを使って、インパクトへ向けてヘッドを加速させる。

[point 2-2] その時、同時に図のようにステップインする(ピアノのペダルを踏むようなイメージで)。その時まだ後ろ足は、しっかり膝が曲がっているか!?も重要なポイント

[point 2-3] ほぼ横向きだが、ラケットの動きをフォローするように、ひねりも自然に開放に向かっていく!

[point 2-4] インパクトは、自然に腕が伸び、手首のポジションも一番力が入る状態で、重心の前で捉えている!

片手バックハンドのポイント3!ひねりからインパクトまでに加速したスピードを保ったまま振り抜こう!

さぁ、いよいよぐっとひねりためたパワーを開放します。

[チェックポイント3]

片手バックハンドトップスピンチェックポイント3ひねりためたパワーを開放

[point 3-1] フリスビーを投げるようなイメージで、打球方向へ向かってヘッドを先行させていく。

[point 3-2] つまりラケットの軌道に逆らわないように、自然なスピンをまずは心がけてください。

[point 3-3] そのあとは、バランスを保ってフィニッシュ!

 

いかがでしたでしょうか。今回は、片手バックハンドトップスピンですが、これまでのドリルで学んできた皆さんだったらイメージしやすい内容かと思います。プレーでも活用するシーンも多いですし、きれいな片手バックハンドトップスピンのフォームはテニス上級者のイメージもあります。これからのドリルでしっかり身につけていただければと思います。

 

最後にポイントをもう一度まとめますと、
・十分に捻った上半身を、ラケットの落下と体重移動のタイミングを合わせてインパクトへ向かって振り出す!
・あとは、フリスビーを投げるように一気に振り抜いて、打球方向への意識を保ってフィニッシュ!

これらのポイントを意識して練習してみてください。

この2つをうまく組み合わせて、スムーズなリズムを作り出す。体の自然な動きが分かれば、効率良く打つことは難しくないんです。

 

スマートテニスセンサーでフォームをチェックするとでうまくできていない所がある、思ったような数値が出ていないという皆さん、ご安心ください。
次回から片手バックハンドトップスピンのドリル編をスタートします。このドリルではタイプ別にポイントを絞った改善方法をご紹介しますので、当てはまるドリルをチェックしていってくださいね! 

[03] 片手バックハンドトップスピンのスペシャルドリル大好評公開中!

まずは自分の状態をチェックする準備編から

【片手バックハンドトップスピン準備編】まずはスマートテニスセンサーで自分の状態をチェックしよう

次は効率良いフォームを習得!

【片手バックハンドトップスピン解説編】かっこいいフォームを手に入れる!

[ドリル タイプ1:前に傾いてボールを当てに行ってしまう!] 

【片手バックハンドトップスピン上達実践編1】前に傾いてボールを当てに行ってしまう! 

[ドリル タイプ2:手打ちで力強いボールが打てない!]

【片手バックハンドトップスピン上達実践編2】手打ちで力強いボールが打てない! 

[ドリル タイプ3:スピードボールが来ると体重が後ろに残って打ってしまう!]

【片手バックハンドトップスピン上達実践編3】速いボールが来ると体重が後ろに残って打ってしまう! 

[ドリル タイプ4:打ちに行くときに体が開いてしまう!]

【片手バックハンドトップスピン上達実践編4】打ちに行くときに体が開いてしまう

 

[02] 両手バックトップスピンのスペシャルドリル大好評公開中!

まずは自分の状態をチェックする準備編から

【両手バックハンドトップスピン準備編】まずはスマートテニスセンサーで自分の状態をチェックしよう  

次は効率良いフォームを習得!

【両手バックハンドトップスピン解説編】スムーズな両腕の動きを手に入れる!

[ドリル タイプ1:両腕の使い方、クロスオーバーターンがよくわからない!]

【両手バックハンドトップスピン上達実践編1】両腕の使い方、クロスオーバーターンがよくわからない!

[ドリル タイプ2:「テイクバック、もっとひねって!」と言われるけど、うまくできない!]

【両手バックハンドトップスピン上達実践編2】「テイクバック、もっとひねって!」と言われるけど、うまくできない!

[ドリル タイプ3:窮屈なフォームでフォロースルーが十分に取れない!]

【両手バックハンドトップスピン上達実践編3】窮屈なフォームでフォロースルーが十分に取れない!

[ドリル タイプ4:フォームは良いけど、パワーが出ない。。]

【両手バックハンドトップスピン上達実践編4】フォームは良いけど、パワーが出ない。。

 

[01]フォアハンドトップスピンのスペシャルドリル大好評公開中!

まずは自分の状態をチェックする準備編から

【フォアハンドトップスピン準備編】まずはスマートテニスセンサーで自分の状態をチェックしよう  

次は効率良いフォームを習得!

【フォアハンドトップスピン解説編】効率良いフォームを手に入れる! 

[ドリル タイプ1:腕だけでテイクバックしてしまう!] 

【フォアハンドトップスピン上達実践編1】腕だけでテイクバックしてしまう!~準備でひねりが生まれていない~ 

[ドリル タイプ2:スムーズなスイングができない!]

【フォアハンドトップスピン上達実践編2】スムーズなスイングができない!~振り抜けない~ 

[ドリル タイプ3:ボールが来るとリズムが崩れてしまう!]

【フォアハンドトップスピン上達実践編3】ボールが来るとリズムが崩れてしまう! 

[ドリル タイプ4:ボールに力がうまく伝わらない!]

【フォアハンドトップスピン上達実践編4】ボールに力がうまく伝わらない!

 
Smart Tennis Sensor

スマートテニスセンサー

SSE-TN1S

グリップエンドに装着するセンサー

この小さなセンサー内にショットを記録

主な仕様

STS

アプリケーション

Smart Tennis Sensor

ショットを解析し、テニスのログを作成・表示

インパクト位置、ボールの回転、速度、スイングスピード、トータルショット数などを数値化し成果を最大化

対応機器情報

表示できるデータ