読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スイングデータと映像でプレーを磨く! スマートテニスセンサーブログ - ソニー

スペシャルドリル、スマートテニスセンサーの活用法など最新情報を随時掲載していきます!

【片手バックハンドトップスピン上達実践編2】手打ちで力強いボールが打てない!| スマートテニスセンサースペシャルドリル

ドリル 片手バックハンド上達方法

手打ちで力強いボールが打てない方へのスペシャルドリル

手打ちになってしまってボールにパワーが伝わらない方はこのドリル!

そんなにおかしいフォームではないと思うのだけど、ボールにパワーが伝わっていない、回転がかかっていないということで、相手が打ち返しやすいチャンスボールのような片手バックハンドになっている経験もあるのではないでしょうか。

それは「横に向いてただ打っているだけ」=いわゆる「手打ち」というのが大きな原因なのですが、今回はそのような方に向けて、どう改善していけばよいかについてご紹介していきます。

 

今回のドリルは片手フォアハンドトップスピン 手打ちで力強いボールが打てない方向けの実践編

 

いわゆる「手打ち」はライブモードビデオでチェックした時に、もしかするとフォームはきれいに見えるかもしれません。ただし、スマートテニスセンサーのデータを確認すると、平均スイング速度、平均ボール速度もそれほど高くなく、スピンもかかっていないという結果が出てくるはずです。

フォームはきれいに見えるがスピンもかかっていない

こういうぱっと見ただけでは原因がわかりづらい時のチェックにスマートテニスセンサーは非常に役立ってくれます。 

 

片手バックハンドが手打ちになって力強さに物足りなさを感じている方の解決方法はこちら!

上半身だけではなく下半身とのシンクロナイズがポイント!

下半身を使わずに上半身だけを使おうとすると手打ちになりがちです。
きちんと上半身と下半身が連鎖して体全体で片手バックハンドトップスピンを打てるように意識しましょう。

片手フォアハンドトップスピン テイクバックからインパクトまで

 

そのためのポイントは以下のように下半身でリズムを作ること、それをインパクトにつなげていくことです。

※以下は右利きの場合です、左利きの場合は逆をイメージしてください。


[point 1] テイクバック完了のタイミングから、重力も使ったラケットの落下に合わせて後ろ足(左足)を曲げながら腰を回していく
[point 2] それと同時に、かかとを接地している前足(右足)をピアノのペダルを踏むようにぐっとステップイン
[point 3] 上記の2つのポイントを維持したまま、ここで作ったためをインパクトへ向けて最大加速に持っていく

インパクトの後もさらに加速していくイメージを強く意識するとパワーがボールに伝わりやすくなります。

 

上記で作った1・2の「2歩のリズム」で、実際にボールを打ったのがこちらの動画です。


【片手バックハンドトップスピン上達実践編】1・2の「2歩のリズム」でドロップボールを打とう【スマートテニスセンサースペシャルドリル】

 

・スタンスを決めて、ドロップされたボールを打つ

・レディポジションから、1・2の2歩のリズムで、ドロップボールを打つ練習

 

この2点は下半身のリズムを作ること、そのリズムで作ったパワーを上半身に伝えるためのトレーニングになります。自然に取り入れられるように繰り返し打ってみましょう。
動画の最後はライジングという「ボールが上がったところを打つトレーニング」です、上記2点でリズムがわかってきたらこちらもチャレンジしてみましょう。

 

片手バックハンドトップスピンを手打ちで力強いボールが打てない方向けのドリルはいかがでしたか?
ポイントは、下半身でリズムを取りながらためを作り、そのパワーを上半身に伝えてインパクトにつなげるような体の使い方です。
特に下半身でリズムを作るところがみなさんの意識しづらい部分ですのでここを重点的に繰り返すことをお勧めします!

 

今回のドリルのbefore→afterをスマートテニスセンサーで計測すると、

・改善前:平均スイング速度82km/h、平均ボール速度100km/h、スピン+1
 ↓ ↓ ↓
・改善後:平均スイング速度88km/h、平均ボール速度113km/h、スピン+4
という違いが出てきました。

手打ちで力強いボールが打てないうフォームからドリル実践Before→After(フォーム)

みなさんもスマートテニスセンサーの2画面比較機能を使って、以前の自分のフォームと上達した自分のフォームを比べてみましょう!

 

[03] 片手バックハンドトップスピンのスペシャルドリル大好評公開中!

まずは自分の状態をチェックする準備編から

【片手バックハンドトップスピン準備編】まずはスマートテニスセンサーで自分の状態をチェックしよう

次は効率良いフォームを習得!

【片手バックハンドトップスピン解説編】かっこいいフォームを手に入れる!

[ドリル タイプ1:前に傾いてボールを当てに行ってしまう!] 

【片手バックハンドトップスピン上達実践編1】前に傾いてボールを当てに行ってしまう! 

[ドリル タイプ2:手打ちで力強いボールが打てない!]

【片手バックハンドトップスピン上達実践編2】手打ちで力強いボールが打てない! 

[ドリル タイプ3:スピードボールが来ると体重が後ろに残って打ってしまう!]

【片手バックハンドトップスピン上達実践編3】速いボールが来ると体重が後ろに残って打ってしまう! 

[ドリル タイプ4:打ちに行くときに体が開いてしまう!]

【片手バックハンドトップスピン上達実践編4】打ちに行くときに体が開いてしまう

 

[02] 両手バックトップスピンのスペシャルドリル大好評公開中!

まずは自分の状態をチェックする準備編から

【両手バックハンドトップスピン準備編】まずはスマートテニスセンサーで自分の状態をチェックしよう  

次は効率良いフォームを習得!

【両手バックハンドトップスピン解説編】スムーズな両腕の動きを手に入れる!

[ドリル タイプ1:両腕の使い方、クロスオーバーターンがよくわからない!]

【両手バックハンドトップスピン上達実践編1】両腕の使い方、クロスオーバーターンがよくわからない!

[ドリル タイプ2:「テイクバック、もっとひねって!」と言われるけど、うまくできない!]

【両手バックハンドトップスピン上達実践編2】「テイクバック、もっとひねって!」と言われるけど、うまくできない!

[ドリル タイプ3:窮屈なフォームでフォロースルーが十分に取れない!]

【両手バックハンドトップスピン上達実践編3】窮屈なフォームでフォロースルーが十分に取れない!

[ドリル タイプ4:フォームは良いけど、パワーが出ない。。]

【両手バックハンドトップスピン上達実践編4】フォームは良いけど、パワーが出ない。。

 

[01]フォアハンドトップスピンのスペシャルドリル大好評公開中!

まずは自分の状態をチェックする準備編から

【フォアハンドトップスピン準備編】まずはスマートテニスセンサーで自分の状態をチェックしよう  

次は効率良いフォームを習得!

【フォアハンドトップスピン解説編】効率良いフォームを手に入れる! 

[ドリル タイプ1:腕だけでテイクバックしてしまう!] 

【フォアハンドトップスピン上達実践編1】腕だけでテイクバックしてしまう!~準備でひねりが生まれていない~ 

[ドリル タイプ2:スムーズなスイングができない!]

【フォアハンドトップスピン上達実践編2】スムーズなスイングができない!~振り抜けない~ 

[ドリル タイプ3:ボールが来るとリズムが崩れてしまう!]

【フォアハンドトップスピン上達実践編3】ボールが来るとリズムが崩れてしまう! 

[ドリル タイプ4:ボールに力がうまく伝わらない!]

【フォアハンドトップスピン上達実践編4】ボールに力がうまく伝わらない!

 
Smart Tennis Sensor

スマートテニスセンサー

SSE-TN1S

グリップエンドに装着するセンサー

この小さなセンサー内にショットを記録

主な仕様

STS

アプリケーション

Smart Tennis Sensor

ショットを解析し、テニスのログを作成・表示

インパクト位置、ボールの回転、速度、スイングスピード、トータルショット数などを数値化し成果を最大化

対応機器情報

表示できるデータ