読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スイングデータと映像でプレーを磨く! スマートテニスセンサーブログ - ソニー

スペシャルドリル、スマートテニスセンサーの活用法など最新情報を随時掲載していきます!

【両手バックハンドトップスピン上達実践編1】両腕の使い方、クロスオーバーターンがよくわからない!| スマートテニスセンサースペシャルドリル

ドリル 両手バックハンド上達方法

両腕の使い方がわからずクロスオーバーターンができない方へのスペシャルドリル

両腕の使い方がわからずこんなフォームに当てはまる方はこのドリルをチェック!

フォアハンドだとうまくスイングできるのに、バックハンドではどうやって腕を使えば良いかわからない方は、前回の「【スペシャルドリル!両手バックハンドトップスピン解説編】スムーズな両腕の動きを手に入れる!」でご紹介しました「両腕の使い方=クロスオーバーターン」がうまくできていないと思われます。
このドリルでは両手バックハンドの基本である「クロスオーバーターン」をきちんとマスターする方法をご紹介していきます。

 

今回のドリルは「両腕の使い方がわからずクロスオーバーターンができない」方向けの実践編

クロスオーバーターンがわからない、、、その原因はこの2点!

 

原因1.肘が曲がり脇がしまって、手首でヘッドを加速させてしまう(いわゆるこねる)

肘が曲がり脇がしまって、手首でヘッドを加速させてしまう(いわゆるこねる)良くないフォーム例

このような方は、スマートテニスセンサーのデータをチェックすると「ラケットの真ん中で打てていない」はずです。これでは安定したショットが打てないという結果につながります。

 

原因2.腕がピンと常に緊張して、ヘッドスピードが上がらない

腕がピンと常に緊張して、ヘッドスピードが上がらない良くないフォーム例

スマートテニスセンサーはインパクト時のヘッドスピードを計測していますので、このような方はスイング速度の数値が上がってきません。そのため力強いボールになってくれないという結果につながります。

 

「クロスオーバーターン」がそもそもわからない方は解説編でご紹介しました動画で復習しましょう。


スマートテニスセンサー スペシャルドリル 両手バックハンドトップスピン 「クロスオーバーターンとは?」

 

ラケットを扱う時の肩甲骨の動きを理解すれば「クロスオーバーターン」がわかる!

ラケットのように長くて先に何かがついた物を扱う時の身体の動きのルール、特に肩甲骨の動きを知ることによって「クロスオーバーターン」ができるようになるでしょう。

イメージしてほしいのは「肩甲骨が追いかけっこ」しているという状態です。

その動き方について下記動画でチェックしてみましょう。


スマートテニスセンサー スペシャルドリル 両手バックハンドトップスピン 「クロスオーバーターンの「肩甲骨の動き」を理解しよう」

 

[point 1] 肩甲骨の片方が離れるなら、もう片方は寄る。それを運動の中では追いかけるように、入れ替わる

[point 2]「気を付け」の姿勢で、動画のように肩甲骨の入れ替えが発生することを体感してみましょう。

 

ラケットではなく、バットを使ってクロスオーバーターンをマスターしよう

ラケットを持つと面が気になって、肩甲骨の動きを意識できないことがあります。

その場合は面のないバットのような長いものをもって、クロスオーバーターンだけを意識して素振りをしてみましょう。

その動き方について下記動画でチェックしてみましょう。


スマートテニスセンサー スペシャルドリル 両手バックハンドトップスピン 「バットを使ってクロスオーバーターンをマスターしよう」

 

[step 1] ゴルフのような構えの状態で握る → 肩甲骨が平行で握れる

[step 2] そこから肩甲骨の入れ替えを使って、振り子のようにバットのヘッドを先行させるようにしてスイングしてみる
 →ここで「おへその前で、肩甲骨が入れ替わっていく感じ」をつかみましょう!

[step 3] 実際にボールを打つ高さを想定してバットでボールを打ってみる

 

ここまでできたら、バットをラケットに持ち替えて、同じような素振りをやって、その後ボールを打ってみましょう。

 

今回のドリルは「クロスオーバーターン」を正しく理解することでしたが、肩甲骨の動きはイメージできたでしょうか。

 

両手バックハンドでスピンを打つためにはラケットを上に振り抜いていきます。その時の軌道を自然に生むには立てたラケットが落下する勢いを使う事はもちろん、両手打ちのスイングの特徴である「クロスオーバーターン」をきちんと理解し、マスターする必要があります。

そのためにはまず素振りでこの肩甲骨の感覚をつかんでいただくことが非常に大切です。

 

今回のドリルのbefore→afterをスマートテニスセンサーで計測すると、
・改善前:平均スイング速度80km/h、平均ボール速度88km/h、スピン+2
 ↓ ↓ ↓
・改善後:平均スイング速度106km/h、平均ボール速度122km/h、スピン+4
という違いが出てきました。

両腕の使い方がわからずクロスオーバーターンができないフォームからドリル実践Before→After

みなさんもスマートテニスセンサーの2画面比較機能を使って、以前の自分のフォームとこのドリルを実践して上達した自分のフォームを比べてみましょう!

 

[02] 両手バックトップスピンのスペシャルドリル大好評公開中!

まずは自分の状態をチェックする準備編から

【両手バックハンドトップスピン準備編】まずはスマートテニスセンサーで自分の状態をチェックしよう  

次は効率良いフォームを習得!

【両手バックハンドトップスピン解説編】スムーズな両腕の動きを手に入れる!

[ドリル タイプ1:両腕の使い方、クロスオーバーターンがよくわからない!]

【両手バックハンドトップスピン上達実践編1】両腕の使い方、クロスオーバーターンがよくわからない!

[ドリル タイプ2:「テイクバック、もっとひねって!」と言われるけど、うまくできない!]

【両手バックハンドトップスピン上達実践編2】「テイクバック、もっとひねって!」と言われるけど、うまくできない!

[ドリル タイプ3:窮屈なフォームでフォロースルーが十分に取れない!]

【両手バックハンドトップスピン上達実践編3】窮屈なフォームでフォロースルーが十分に取れない!

[ドリル タイプ4:フォームは良いけど、パワーが出ない。。]

【両手バックハンドトップスピン上達実践編4】フォームは良いけど、パワーが出ない。。

 

[03] 片手バックハンドトップスピンのスペシャルドリル大好評公開中!

まずは自分の状態をチェックする準備編から

【片手バックハンドトップスピン準備編】まずはスマートテニスセンサーで自分の状態をチェックしよう

次は効率良いフォームを習得!

【片手バックハンドトップスピン解説編】かっこいいフォームを手に入れる!

[ドリル タイプ1:前に傾いてボールを当てに行ってしまう!] 

【片手バックハンドトップスピン上達実践編1】前に傾いてボールを当てに行ってしまう! 

[ドリルタイプ2:手打ちで力強いボールが打てない!]

【片手バックハンドトップスピン上達実践編2】手打ちで力強いボールが打てない! 

[ドリル タイプ3:スピードボールが来ると体重が後ろに残って打ってしまう!]

【片手バックハンドトップスピン上達実践編3】速いボールが来ると体重が後ろに残って打ってしまう! 

[ドリル タイプ4:打ちに行くときに体が開いてしまう!]

【片手バックハンドトップスピン上達実践編4】打ちに行くときに体が開いてしまう

 

[01]フォアハンドトップスピンのスペシャルドリル大好評公開中!

まずは自分の状態をチェックする準備編から

【フォアハンドトップスピン準備編】まずはスマートテニスセンサーで自分の状態をチェックしよう  

次は効率良いフォームを習得!

【フォアハンドトップスピン解説編】効率良いフォームを手に入れる! 

[ドリル タイプ1:腕だけでテイクバックしてしまう!] 

【フォアハンドトップスピン上達実践編1】腕だけでテイクバックしてしまう!~準備でひねりが生まれていない~ 

[ドリル タイプ2:スムーズなスイングができない!]

【フォアハンドトップスピン上達実践編2】スムーズなスイングができない!~振り抜けない~ 

[ドリル タイプ3:ボールが来るとリズムが崩れてしまう!]

【フォアハンドトップスピン上達実践編3】ボールが来るとリズムが崩れてしまう! 

[ドリル タイプ4:ボールに力がうまく伝わらない!]

【フォアハンドトップスピン上達実践編4】ボールに力がうまく伝わらない!

 
Smart Tennis Sensor

スマートテニスセンサー

SSE-TN1S

グリップエンドに装着するセンサー

この小さなセンサー内にショットを記録

主な仕様

STS

アプリケーション

Smart Tennis Sensor

ショットを解析し、テニスのログを作成・表示

インパクト位置、ボールの回転、速度、スイングスピード、トータルショット数などを数値化し成果を最大化

対応機器情報

表示できるデータ