読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スイングデータと映像でプレーを磨く! スマートテニスセンサーブログ - ソニー

スペシャルドリル、スマートテニスセンサーの活用法など最新情報を随時掲載していきます!

力強いボールを打ちたい人 必見!プロコーチがチェックするスマートテニスセンサーのデータとは?

力強いボールを打ちたい人 必見!プロコーチがチェックするスマートテニスセンサーのデータとは?

全仏が始まりましたね。

錦織選手の初戦、雨で延期という調整しずらい試合展開の中、しっかりと勝ち切りました。初のグランドスラム大会優勝へ期待が膨らみます。

 

さて、さまざまなデータが取れるスマートテニスセンサー

そのデータの中でも、プロコーチが口をそろえてチェックするデータがあります。

体の小さいジュニアや華奢な方が力強いボールを打っている、その理由はこのデータを見ればわかるんです。 

力強いボール=力が伝わっている それをチェックするスマートテニスセンサーのデータは?

コーチがチェックするデータ、それはズバリ!「スイング速度とボール速度の差」です。

こちらはコーチのアドバイスを受ける前のデータです。

スイング速度の方がボール速度よりも8km/h高く出ていることがわかります。

力強いボール=力が伝わっている それをチェックするスマートテニスセンサーのデータは?

コーチのアドバイスで目に見えてスマートテニスセンサーの数値が上がる!

コーチに自分に合った課題を指摘してもらうと、ボール速度が平均+15km/hもあがりました!!

コーチにアドバイスをしてもらうと、ほとんどの人の数値が上がります。

コーチのアドバイスで目に見えてスマートテニスセンサーの数値が上がる!

これまでもコーチのアドバイスを試して、なんとなくうまく打ててるような気になっていましたが、数値ではっきりと見えるとさすがコーチ!と説得力も上がります。

力を効率よく伝えるには?スマートテニスセンサーのデータでチェック!

コーチがよく言われるポイントを紹介します。

  • 最も力の入るポイントでボールをとらえる
  • 体の軸がぶれない、体が流れないように打つ
  • 力まない、自然体で力を抜いて打つ

プレーヤーによって修正する点は違いますが、上記のようなアドバイスの組み合わせで伝えていることが多いようです。

球出し練習ではなく、これを動きの中でやるというのができることが大事ですね。

スマートテニスセンサーのデータで見るトッププロの凄さ!

当然ですが、トッププロとなるとこの数値がぐんと上がります。

スイング速度よりもボール速度が10km/h~30km/h高いことも多く、なぜこんな数字が出るんだ?とびっくりします。

こちらは以前練習でデータを撮らせてもらった、ボルナ・チョリッチ選手のデータです。

 

スマートテニスセンサーのデータで見るトッププロの凄さ!?

(株式会社ヨネックス 新商品発表会で配布された資料より)

 

体幹が強くまた体がうまく使えているためとコーチは言います。

 

体の使い方を修正すれば、ほとんどの人がより強いボールが打てるようになる!とコーチは言います。

みなさまもこの「スイング速度とボール速度の差」を意識して、力強いボールを打ち込みましょう!

 
Smart Tennis Sensor

スマートテニスセンサー

SSE-TN1S

グリップエンドに装着するセンサー

この小さなセンサー内にショットを記録

主な仕様

STS

アプリケーション

Smart Tennis Sensor

ショットを解析し、テニスのログを作成・表示

インパクト位置、ボールの回転、速度、スイングスピード、トータルショット数などを数値化し成果を最大化

対応機器情報

表示できるデータ