スイングデータと映像でプレーを磨く! スマートテニスセンサーブログ - ソニー

スペシャルドリル、スマートテニスセンサーの活用法など最新情報を随時掲載していきます!

【ユーザーボイス】スマートテニスセンサーでスピードコンテスト!仲間とのテニス合宿を盛り上げるツールとして活用する林さん

今回お話を伺った林さん

日々の練習でスマートテニスセンサーを活用する方にお伺いするユーザーボイス。今回登場して頂くのは、横浜にお住まいの林賢秀(はやし・よしひで)さん。現在は、週一で近隣のテニススクールに通ってテニスを楽しむ日々を過ごしていらっしゃいます。林さんにお話を聞いてきました。

 テニスとの出会い、そして、センサーとの出会い

高校の時に「ソフトテニス」を始めた林さん。何でも、硬式テニス部に入部希望を出すも人数が多過ぎたため、顧問から「ソフトテニス部はどうだ」と勧められのだそうです。

硬式テニスを始めたのは大学に入ってから。入ったテニスサークルの当時の先輩に先見の明があり、コンチネンタルグリップ全盛の時代にあって「これからは厚いグリップで打ち合う時代になるから、お前はそのままのグリップで打ち続けろ!」とアドバイスを受け、ソフトテニス時代の「ウェスタングリップ」のままで硬式テニスも続けたそうです。

林さんのプレー姿

テニスセンサーは、テニスショップLAFINOさんのブログでお知りになったとのこと。
センサーに詳しいショップとして有名ですね。

合宿を盛り上げた《サーブスピードコンテスト!》

林さんは、テニス仲間との合宿を年2回開催しており、今回の合宿ではイベントの一つとしてスマートテニスセンサーを使用した《サーブスピードコンテスト》を実施したそうです。最高スピードを競うだけでなく、《ピタリ賞》を用意するなどの工夫をされています。


コンテストでは、自分で『次に打つサーブは何キロ!!』と宣言してから打つ、というスタイルで実施したそうです。このようにすることで、スピードを競うことに加えスピードをコントロールして「スピードをピタリと当てること」の両方を楽しむことが可能になったそうです。「ピタリ賞」も表彰の対象になるため、「次は、136km/hで」と細かく設定・宣言してから打って頂いたようです。何より、非力な女性の方でも楽しむことが出来るというメリットがあり、結果的に大成功のイベントになったそうです。

素晴らしいです。 パチパチパチ♪

林さんのサーブ

 

コンテスト受賞者の声は!?

★ピタリ賞:志田さん(女性)
テニスは、今回ラケットを握ることを含めて何と2回目と言う志田さん。学生時代バレーボールをずっとやっていたこともあり、運動神経は抜群だそうです。ラケットにボールを当てることすら難しいはずなのに、抜群のセンスで見事にサーブを決め、さらに見事にピタリ賞を獲得しました!

志田さんのサーブ

 

★スピードガンコンテスト優勝:小泉さん
高校・大学と、バリバリの体育会で鳴らしたツワモノ。どれ位のスピードが出るか周りの参加者も興味深々だったそうです!コンテストでは「希望も込めて全て”190km/h”で行きます!」と強気の宣言。そして、その結果は・・・・
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

小泉さんのサーブ

 

《感覚と数字をつなぐ》事で自分と他人を比較する楽しさ

今回ご紹介させて頂いたインタビューは、テニスセンサーを”テニスの上達のため”だけに使用するのではなく、テニスの楽しさを広げるための使い方を工夫されているというエピソードでした。

こういった使い方も素晴らしいですね。

林さんは「今回、テニスセンサーを使ったことのない方が、ご自分のサービススピードを知り、《感覚と数字をつなぐ》ことが出来たのは良かったのではないかと思います」と。
そして「何より今回のコンテストは、合宿で一番盛り上がったイベントでしたので、”楽しいテニスをより楽しいものにしてくれる”という意味での『ツール』としては最高のものだと思いました。」とおっしゃって頂きました。

 

今回はスマートテニスセンサーを上達に加え、楽しさを広げるツールとしても活用されている事例でした。ぜひ皆さまもセンサーの使い方を独自に工夫されてみてはいかがでしょうか。

 

スマートテニスセンサーって何ができるの?まずはココから

1. きちんと知ってぐぐっと上達!スマートテニスセンサーのポイント できること総復習

2. 最新アプリが遂にリリース!さらに強力になった動画機能を一挙ご紹介




 
Smart Tennis Sensor

スマートテニスセンサー

SSE-TN1S

グリップエンドに装着するセンサー

この小さなセンサー内にショットを記録

主な仕様

STS

アプリケーション

Smart Tennis Sensor

ショットを解析し、テニスのログを作成・表示

インパクト位置、ボールの回転、速度、スイングスピード、トータルショット数などを数値化し成果を最大化

対応機器情報

表示できるデータ