スイングデータと映像でプレーを磨く! スマートテニスセンサーブログ

スペシャルドリル、スマートテニスセンサーの活用法など最新情報を随時掲載していきます!

スポーツの上達にデータ活用の時代!スマートテニスセンサー以外にもこんなにあるスポーツIoTデバイス

スポーツの上達にデータ活用の時代!スマートテニスセンサー以外にもこんなにあるスポーツIoTデバイス

テニス以外のスポーツでも続々登場、上達にはプレイデータを活用したい!

 私たちが提供しているスマートテニスセンサー。感覚的になりがちなプレイを数値化し、練習精度をあげていただき、上達につなげていただくことを目的にしているのですが、今回のブログではテニス以外でもさまざまなスポーツで登場しているデータ活用ができるIoTデバイスをご紹介します。実際に手に入れられるものですので、気になったらぜひ試してみてくださいね!

サッカーはボールとシューズそれぞれのデータを活用し上達につなげる!!

 サッカーではなんと蹴るボールがそのままセンサーになったデバイスが登場しています!

miCoach smart ball

 アディダスが提供している「miCoach smart ball」では、ボールに内蔵された3軸の加速度センサーで、蹴った時のスピード、回転数、ボールのどこを蹴ったのかなどを瞬時に把握することができます。

miCoach smart ball

 さらにプレイヤー側のパフォーマンスを計測するものとして、スパイクの中にセットする「miCoach speed_cell」も。こちらは練習や試合中にどれだけの距離を走ったのか、何回ダッシュしたのか最高速度はどのくらいなど、試合中の運動量を把握することができるんです。

 両方をセットで使うことで把握できるデータの幅が広がり、サッカーの上達につながりそう!

 

スポーツで大切な「運動時のフォーム」データがわかるIoTメガネ!?

 アイウエアブランドJINSがリリースしたスポーツ用サングラス「JINS MEME MT」。

JINS MEME MT

 このメガネには3軸加速度センサーと3軸ジャイロセンサーが備わっており、運動時の身体の軸や姿勢を把握することができるんです。

www.youtube.com

 ランニング用のオフィシャルアプリ「JINS MEME RUN」を使うことで、前後左右のブレ、左右バランスデータから自身のフォームの弱点と効率良く走るために必要な筋肉やアドバイスも確認できます。

 フルマラソン大会での実証実験の結果、長距離を走ってもタイムの早いランナーはバランスが崩れず、歩幅が安定しているそう。

JINS MEME RUN
4時間40分台で完走したフルマラソン初挑戦のランナーのデータ

JINS MEME RUN
△3時間10分台で完走したプロトレーナーのデータ

 ランニングの記録が伸び悩んでいる方はこの「JINS MEME MT」を使ってみてはどうでしょうか。

ますます盛り上がる登山・アウトドアアクティビティではスマートウォッチでデータをチェックしたい

 今年から8月11日が「山の日」として初めて祝日となり、山のアクティビティの人気は今年も高まりそう。カシオのスマートウォッチ「WSD-F10」はトレッキング、フィッシング、サイクリングなどさまざまなアウトドアアクティビティで活躍してくれる優れもの。
WSD-F10

 アウトドアアクティビティでは気になる、方位、高度、日の出・日の入り時間などを計測するアプリや、登山地図やお天気情報などを時計上で表示できるアプリをプリセットしています。

WSD-F10

 両手がふさがりがちなアウトドアでこの使い勝手の良さはスマートウォッチならでは。アウトドアアクティビティで把握することが難しかったリアルタイムのデータを簡単にチェックできるので、より効率的に楽しみたい方、チャレンジをしたい方に活躍してくれる注目デバイスです。

もはや国民的スポーツとなったランニングにはデータ活用に加えて、音楽の楽しみもプラス

 走った距離やスピード、心拍などを計測できるランニング用デバイスは数多く出ていますが、特に心拍トレーニングに力を発揮し、継続すること・モチベーションUPにも有効なのがヘッドホン一体型のソニー「Smart B-Trainer」。

Smart B-Trainer
 ランニングは脂肪燃焼や心肺強化など目的に合わせたトレーニングがとても重要。「Smart B-Trainer」はアプリと組み合わせることでトレーニング中に音声コーチング、心拍と連動して音楽が再生され、今までは難しかった心拍トレーニングを簡単にできちゃうんです。ただデータを取るだけではなく、効率的にかつ楽しく、ランニングの上達につながるユニークなオススメデバイスです。

 

スポーツ×データ活用 どんなスポーツでも大事なのは自分の状態を把握すること

 テニスはもちろん、さまざまなスポーツで自分の状態を「感覚」ではなく「データ」として把握することができるようになっています。スポーツの種類は違えど、大事なのはそれぞれのスポーツに必要な身体の動かし方を正しく把握すること、そして今現在自分の動かし方が正しいのかをきちんと把握すること。課題が発見できれば、その課題を解消するためのトレーニングに集中できるので短い時間でも効率的な上達につなげていくことができますね。
 そういう意味でもテニスの練習においては、スピード、ラケットの打点、スピンなどを数値として把握できるスマートテニスセンサーを上手に活用していただきテニスの上達につなげていただければと思っています!

ではテニスのIoT スマートテニスセンサーって何ができるの?ココからご確認ください。

1. きちんと知ってぐぐっと上達!スマートテニスセンサーのポイント できること総復習

2. 最新アプリが遂にリリース!さらに強力になった動画機能を一挙ご紹介

 

 

こちらも読まれています ユーザー体験会 感想・口コミ・レビュー 

1. スマートテニスセンサー体験 感想・口コミ大公開! in テニススクールグランドスラムトーナメント

2. スマートテニスセンサー体験 感想・口コミ大公開2! in テニススクールグランドスラムトーナメント

実際にスマートテニスセンサーを活用されているユーザーさんインタビュー

1. 【ユーザーボイス】女子プレーヤーけい子さんのヘビロテなスマートテニスセンサーの使い方ご紹介

2. 【ユーザーボイス】女子プレーヤーまり子さんのスマートテニスセンサーでラケット選び!

3. 【ユーザーボイス】医学生として勉学に多忙の中、効率的にテニスを上達するためにスマートテニスセンサーを活用する石倉さん

 
Smart Tennis Sensor

スマートテニスセンサー

SSE-TN1S

グリップエンドに装着するセンサー

この小さなセンサー内にショットを記録

主な仕様

STS

アプリケーション

Smart Tennis Sensor

ショットを解析し、テニスのログを作成・表示

インパクト位置、ボールの回転、速度、スイングスピード、トータルショット数などを数値化し成果を最大化

対応機器情報

表示できるデータ